<   2016年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

3mmの生命

家内の実家を整理した時に持ってきた火鉢は、水を貯めて睡蓮鉢として再利用しています。残念ながら睡蓮はつぼみをつけていませんが、代わりに小さな命が誕生しました。同じ鉢に春から飼い始めたメダカの赤ちゃんです。
b0191026_1617011.jpg

マクロレンズでさらに寄ってもこれで精一杯。
b0191026_16173028.jpg

体長は3ミリくらいでしょうか。何匹孵ったのか分かりませんが、浮き草のホテイアオイの根が産卵場所のようです。
生存競争を生き抜いて(捕食されずに)成長を遂げるかどうか、文字通り息を潜めて見守りたいと思います。
by sucre-h | 2016-07-31 16:19 | et cetera | Comments(0)

今週のシュクレたち

10月生まれのシュクレは満9歳、5月生まれのオークルは満5歳。
届いたばかりの中古レンズ50mmF1.4のファーストショットはこの2匹で。
b0191026_1838324.jpg

b0191026_1838229.jpg

2匹が世話になっていたトリミング学校でのカットは先方の都合で終了。仕方がないので、最近は家内がハサミを使っています。どんな見かけにされようと、2匹がクレームをつけることはありませんから。
by sucre-h | 2016-07-28 18:39 | 2匹の愛犬 | Comments(0)

黄昏時

陽が大分傾いたころに自転車で多摩川対岸へ。
この時間帯の光の中だと、見慣れた光景にもちょっと情緒を覚えます。
b0191026_2112552.jpg

b0191026_2114075.jpg

b0191026_2115794.jpg

b0191026_2121368.jpg

b0191026_212291.jpg

b0191026_2124555.jpg

b0191026_213070.jpg

ところで、数千枚の古い写真を、異音が気になり始めたハードディスクからappleのiCloudに移行中です。これで、未来永劫残すことも可能なのでしょう(たぶん)。そう考えれば200ギガバイトまで月額400円という課金にも納得です。でも、いったい誰が見るんだ?
by sucre-h | 2016-07-27 21:06 | 自転車に乗って | Comments(0)

座間のひまわり

神奈川県座間市の「ひまわりまつり」。2つの会場で時期をずらして開催されるのですが、栗原会場のそれは明日までということなので、きょう、急いで行ってみました。
b0191026_18144288.jpg

b0191026_1815196.jpg

b0191026_18232711.jpg

b0191026_18154015.jpg

b0191026_18155673.jpg

3本200円で自分で気に入ったひまわりをハサミで切って購入できるのですが、これが最終日の明日の閉会時刻間際になると100円で採り放題になるそうです。なるほど。
もう一つの「座間会場のひまわりまつり」は来月の11日からの由。種まきの時期をずらしているんですね。
by sucre-h | 2016-07-25 18:24 | FLOWERS | Comments(0)

山手の洋館(下)

横浜市山手町散策のつづきです。 PENTAX K-1+FA31mm F1.8 Limitedでのスナップ。

「ベーリック・ホール」
イギリス人貿易商の住まい。1930年の建築。横浜市歴史的建造物。
b0191026_2312238.jpg

b0191026_23121723.jpg

b0191026_23123218.jpg

b0191026_23124719.jpg

b0191026_23125949.jpg

b0191026_23131254.jpg

b0191026_23132620.jpg

神戸などと違ってこの一帯が一大観光地になっているということでもないようです。
そう思ったのは、行き交う人が少なかったからなのですが、そうか、もう夏休みなんですね。フェリス女子大の学舎周辺も閑散としていました。若い女性の姿がなくて寂しいような、ちょっとホッとするような・・。
by sucre-h | 2016-07-23 23:15 | 東京アーキテクチャー | Comments(0)

山手の洋館(上)

猛暑だった数日前に、横浜・山手町を歩いてきました。
山手公園の駐車場に車を停めて、山手イタリア山庭園の標識を目印に山手本通りを右折。2つの洋館が見えてきます。

「外交官の家」
1910年に建てられた明治政府外交官の住まい。渋谷の南平台から当地に移築。国の重要文化財。
b0191026_812694.jpg

b0191026_8122392.jpg

b0191026_8124114.jpg

b0191026_813062.jpg

「ブラフ18番館」
関東大震災後に建築されたオーストラリアの貿易商の住まい。
b0191026_8135767.jpg

b0191026_8141222.jpg

b0191026_8142880.jpg

この界隈を初めて訪れたのは確か大学1~2年のころ。日吉の校舎に珍しくマイカー通学してきたクラスメイトの車で、このあたりを走り抜けたように思います。自分の日常とは違う場所だと感じた記憶がありますが、その印象は、半世紀近く経ったこの日も同じでした。
by sucre-h | 2016-07-22 08:17 | 東京アーキテクチャー | Comments(0)

閉店時間

PENTAXの単焦点広角レンズをネットオークションで落札入手しました。1991年に発売され、すでに生産終了している古いレンズです。
夜も遅い時間になったけれど、早く試してみたくなり、昨夜少しは明るい最寄駅あたりまで行ってみました。
b0191026_20255370.jpg

b0191026_2026972.jpg

b0191026_20262511.jpg

b0191026_2026395.jpg

レンズボディーに小傷がいくつかありましたが、撮影に影響するダメージは受けていないようです。
もう22時。お蕎麦屋さんは閉店作業中でした。勤めから戻られた方々も、一日ご苦労さまでした。
by sucre-h | 2016-07-20 20:33 | カメラのこと | Comments(0)

31mmでご近所回り

PENTAXの FA Limited シリーズ3兄弟の末っ子は31mm。今回はK-1にこれを装着して、自転車でご近所回り。
b0191026_23393781.jpg

b0191026_23395961.jpg

b0191026_23401929.jpg

b0191026_23403690.jpg

b0191026_23405357.jpg

b0191026_23411391.jpg

ここは鎌倉か、なんて思わせるようなカットもありますが、いえいえ、自転車で自宅に戻るのに数回不慣れな角を曲がると迷子になってしまう、そんな町です。嫌いではありません。
by sucre-h | 2016-07-19 23:42 | カメラのこと | Comments(0)

77mmと30分

K-1にPENTAX-FA 77mm Limitedを着けて、家の近くをぐるりと30分ほど。無機質なものであれ、植物であれ、さあ何を撮ろうかと思うと足は前に進みます。
b0191026_19422027.jpg

b0191026_19424095.jpg

b0191026_19431090.jpg

b0191026_19432547.jpg

b0191026_19434158.jpg

b0191026_1943582.jpg

ところで、このブログを開設してからきょうでちょうど6年ということに、ふと気付きました。カメラを持ってさてどこに行こうという気持ちが、在社中の生活に似た日々のリズムを生んでくれています。願わくば、このささやかな写真日記が途切れる日の、もうしばらく先であることを・・・。
by sucre-h | 2016-07-18 19:46 | カメラのこと | Comments(2)

43mmで撮る

昨日川崎に出かけた際のカメラには、PENTAXの43mm Limitedを装着してありました。まだまだ私にはこのレンズの実力を全開させることはできませんが、解像度の高さにはいつも感嘆してしまいます。
b0191026_2243620.jpg

b0191026_2245484.jpg

b0191026_2252928.jpg

b0191026_2254696.jpg

このレンズのある意味で最大の特長は、軽く小さいということ。高齢ゆえ、とても助かる相棒です。目立たないで済むし。
by sucre-h | 2016-07-17 22:07 | カメラのこと | Comments(0)