イタリアの空気(6)

(水のベネチア編)ゴンドラ遊覧の後、ツアー仲間の多くはブラーノ島に渡りましたが、私たちは本島に残ってサンマルコ広場を起点に散策を続けました。満潮時に海水が広場まで満ちてきてちょっとびっくり(6カット目)。

b0191026_16152818.jpg
b0191026_16153588.jpg
b0191026_16154340.jpg
b0191026_16154945.jpg
b0191026_16155620.jpg
b0191026_16160344.jpg
b0191026_16161368.jpg
b0191026_16162452.jpg
b0191026_16163117.jpg
b0191026_16164294.jpg

飲食店の運河側に面した厨房口にゴンドラを操ってきた配達人がワインケースを運び込んでいました。さて、次の訪問先はフィレンツェです。


# by sucre-h | 2017-10-04 16:20 | どこか遠くへ | Comments(0)

イタリアの空気(5)

(ベネチア俯瞰編)ベネチアで迎えた朝もとてもいい天気でした。ホテルからまず向かったサンマルコ寺院は、リュックを背負っていると入場できない由。テロに狙われやすい象徴的な場所のひとつだからでしょう。交換レンズを入れたリュック姿の私も内部の見学を断念、代わりに大鐘楼(5カット目)展望フロアからの眺望を楽しむことにしました。

b0191026_18353592.jpg
b0191026_18354283.jpg
b0191026_18354731.jpg
b0191026_18361650.jpg
b0191026_18355258.jpg
b0191026_18362482.jpg
b0191026_18363091.jpg
b0191026_18363535.jpg
b0191026_18364153.jpg
b0191026_18364780.jpg

この日朝早く目覚めると、まだ薄暗いホテル前の小道には、ショップで働く人や販売品を届ける人がたくさん行き交っていました。さすが世界に名だたる観光地です。


# by sucre-h | 2017-10-03 18:40 | どこか遠くへ | Comments(0)

イタリアの空気(4)

(夜のベネチア編)夜のベネチアそぞろ歩きの続きです。どっちを向いてもフォトジェニックなので、ついついシャッターを押してしまいました。同じようなテイストの写真が続きますが悪しからず。

b0191026_19041948.jpg
b0191026_15160691.jpg

b0191026_19061989.jpg
b0191026_19063182.jpg
b0191026_19070605.jpg
b0191026_19071880.jpg
b0191026_19073169.jpg
b0191026_19074184.jpg
b0191026_19085083.jpg
b0191026_19090333.jpg

ちょっとかさばったけれど、持参カメラ K-1の高感度描写力に感心しました。ISO値を夜景ではこんなもんかとヤマ勘で設定しましたが、モニターで再現する限りでは破綻していません。イタリアで出会った各国旅行者の手にしていたカメラが日本製ばかりだったのも「むべなるかな」です。


# by sucre-h | 2017-10-02 19:11 | どこか遠くへ | Comments(0)

イタリアの空気(3)

(ベネチアへ 編)バスの車窓からイタリア風土を眺めながら、夕刻、ベネチアに渡る波止場に到着。タクシーボートで本島に渡りホテル(4カット目)にチェックイン後、用意されていたビストロ(5カット目)で揃って夕食。食後に希望者はリアルト橋あたりまで散策しました。

b0191026_21084851.jpg
b0191026_21085372.jpg
b0191026_21090069.jpg
b0191026_21093785.jpg
b0191026_21094400.jpg
b0191026_21095511.jpg
b0191026_21100520.jpg
b0191026_21101505.jpg
b0191026_21102212.jpg
b0191026_21102929.jpg

終日、かなりの移動量なのだけれど、みんな疲れ知らず。高揚しているのか、それとも鈍感になっているのか。当地の居心地がいいことだけは確か。


# by sucre-h | 2017-10-01 21:12 | どこか遠くへ | Comments(1)

イタリアの空気(2)

世界遺産大国イタリアの旅はまだ始まったばかり。ミラノ観光後段は市の中心部にあるドゥオモ(6,7枚目のカットはその内部)の周辺散策です。家内は現地のガイドさんに店の場所を確認してからマロングラッセを買いに行きました。

b0191026_16542975.jpg
b0191026_16542388.jpg
b0191026_16541699.jpg
b0191026_16541078.jpg
b0191026_16540091.jpg
b0191026_16535692.jpg
b0191026_16535045.jpg
b0191026_16534311.jpg
b0191026_16533345.jpg
b0191026_16525161.jpg

この夜の宿泊ホテルはミラノから300kmほど離れたベネチア本島内。着席率50%とゆとりのあるバスに揺られて280km先の船着き場まで移動しました。その車窓からもシャッターをパシャパシャと(最後の1枚もそう)。おかげで、旅の終盤にバッテリー切れの危機に見舞われることになったのでした。


# by sucre-h | 2017-09-30 17:00 | Comments(0)

イタリアの空気(1)

19日成田発、28日に帰国という日程でイタリアへのツアーに参加してきました。

イタリア観光はミラノのサンタマリア・デッレ・グラツィエ教会の「最後の晩餐」鑑賞からスタートしましたが、観光案内になるような(役に立つ)写真とデータはほかの方におまかせして、稚拙な描写ながらも初秋のイタリアの雰囲気をブログに残しておきたいと思います。タイトルのイタリアの空気とはそういう意味です。まずはミラノ前段から。

b0191026_20582093.jpg
b0191026_21215521.jpg
b0191026_20583819.jpg
b0191026_20584515.jpg
b0191026_20585480.jpg
b0191026_20592233.jpg
b0191026_20593304.jpg
b0191026_20595367.jpg
b0191026_21000502.jpg

現地では毎日青空が広がって絶好の観光日和。20名の同行者(のお人柄)にも恵まれて気持ちのいい10日間でした。

持参レンズはSIGMAの17-35mm、PENTAXの28-105mm、旧PENTAXの75-300mmの軽量級ズーム3本にしました。それにしても、撮影枚数は1,000カット超、間引くにしてもこのテーマだけでいつまで続くのか。


# by sucre-h | 2017-09-29 21:04 | どこか遠くへ | Comments(0)

しばらくお留守番

明日の朝から家内と10日間ほどの海外ツアーに参加してきます。「シュクレとオークル、お留守番よろしくね」

b0191026_10043285.jpg
b0191026_10044013.jpg
b0191026_10044858.jpg

それでは、月末の更新まで “Ciao”


# by sucre-h | 2017-09-18 10:06 | 2匹の愛犬 | Comments(0)

朝の挨拶

孫の凪が週末恒例の我が家で迎えた朝。シュクレがお早うの挨拶に。

b0191026_21340195.jpg

凪が泊まる日の就寝時、2匹の犬たちのうち、オークルは凪と同じ部屋で眠る方を選択し、シュクレは私の脇で眠る方を選びます。どうしてなのか、それぞれに訊いてみたいところです。

(レンズ備忘録:PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6)


# by sucre-h | 2017-09-16 21:36 | 孫たちファミリー | Comments(0)

存在感

通りすがりに目に止まったものをスナップ。

b0191026_16172373.jpg
b0191026_16173196.jpg

なんとなく覚えたその存在感。

(レンズ備忘録:PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR


# by sucre-h | 2017-09-14 16:20 | いつもの光景 | Comments(1)

花弁のしずく

雨が降ったり止んだりだった今日。シュクレとオークルの訝しげな顔に見送られて、傘とカメラを手に近所を一回り。

b0191026_16120107.jpg
b0191026_16121612.jpg
b0191026_16122371.jpg
b0191026_16123074.jpg
b0191026_16123620.jpg
b0191026_16124447.jpg

雨に洗われて花びらが輝いています。誰も(虫も鳥もヒトも)寄って来なくたって、開くときゃ開く。

(レンズ備忘録:PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR)


# by sucre-h | 2017-09-12 16:18 | FLOWERS | Comments(0)