<< 華燭の典 続・昭和の四谷 >>

江戸の昔のジオラマ

水曜日に訪問した新宿歴史博物館の展示物のなかで、いちばん興味深かったのは江戸時代の宿場町・内藤新宿のジオラマでした。
b0191026_2373278.jpg

b0191026_2375180.jpg

b0191026_238769.jpg

b0191026_238272.jpg

b0191026_2382036.jpg

常設展示コーナーを出たところで、「用の美」と題した所蔵物の展示がありましたが、素人目には、これが実にすばらしいものでした(撮影は不可)。精緻に装飾が施された携行用の組重箱などを見た後では、コンビニのビニール袋をぶら下げて歩くことなんて・・。
by sucre-h | 2012-06-22 23:09 | et cetera | Comments(1)
Commented by tsunoken at 2012-06-23 00:37 x
いいですね。
上から2枚目の写真が、いま伊勢丹がある追分の交差点だそうです。
このジオラマ、今の新宿駅前から新宿御苑まで、よくできてます。
<< 華燭の典 続・昭和の四谷 >>