<< 見沼たんぼの稲穂 大崎副都心 >>

下北沢の記憶

おそらく来年には取り壊されることになる現在の下北沢駅舎。戦後の闇市の色が残る(といわれる)「下北沢驛前食品市場」が消え去るのも時間の問題でしょう。昭和が、またひとつ・・。
b0191026_187026.jpg

b0191026_1872087.jpg

b0191026_1873589.jpg

b0191026_1875349.jpg

b0191026_1875175.jpg

b0191026_188881.jpg

小田急線下北沢地区の高架複々線化工事の着手は、2004年のことでした。当時会社員だったわたしは、2013年度の完工予定と知って、何だ退職後のさらに先のことかと感じたものです。次の次のオリンピックイヤーの2020年も、きっとすぐそこなのでしょう。
by sucre-h | 2012-09-21 18:11 | いつもの光景 | Comments(0)
<< 見沼たんぼの稲穂 大崎副都心 >>