<< 門前仲町界隈 酷暑の外出 >>

世界の子どもの絵

昨日訪ねた「神奈川県立地球市民かながわプラザ」(すごいネーミングだな)では、第18回カナガワビエンナーレ国際児童画展が催されていました。95の国と地域から2万6千点を超える応募があったそうで、その中から500点余りの入賞作品を入場無料で鑑賞できます。
写真撮影は単品フル画面を避ければOKとのことでした。変則的な構図の写真ばかりなのは、そのためです。
b0191026_22335436.jpg

b0191026_22345927.jpg

b0191026_22361758.jpg

b0191026_22382265.jpg

b0191026_22401244.jpg

b0191026_22421759.jpg

我ながら、思いのほか見入ってしまう作品ばかりでした。大賞以下いくつかの賞が授けられていましたが、そんなものは無意味とさえ感じました。下から2枚目のウクライナの5歳の男の子の「おかあさんの絵」や最後のセルビアの4歳の女の子の作品なんか部屋に飾っておきたいくらいです。
by sucre-h | 2015-07-15 22:45 | et cetera | Comments(0)
<< 門前仲町界隈 酷暑の外出 >>