<< クロアチアの光(その19) クロアチアの光(その17) >>

クロアチアの光(その18)

(ドブロヴニクその6)

城壁上の周遊を終え、お土産になりそうなものを探してみるという家内とも別れて、単身、街の隅のほうまで歩いてみました。迷子状態になっても、プラツァ通り突き当たりの鐘楼が目印になるので安心です。

b0191026_10062269.jpg
b0191026_10062885.jpg
b0191026_10063311.jpg
b0191026_10064009.jpg
b0191026_10064594.jpg
b0191026_10064927.jpg
b0191026_10065673.jpg
b0191026_10070170.jpg

猫を見かけるということは、そこに優しい人々が暮らしている証左なのではないだろうか。


by sucre-h | 2018-06-13 10:12 | どこか遠くへ | Comments(0)
<< クロアチアの光(その19) クロアチアの光(その17) >>