<   2012年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

新緑の房総へ(その最終回)

先週の1泊2日の小旅行で触れた南房総の光景。そこかしこに広がる水を張った田んぼが、日の光を照り返していました。
b0191026_2115953.jpg

b0191026_2121855.jpg

b0191026_2124096.jpg

b0191026_2132249.jpg

b0191026_2134292.jpg

b0191026_214021.jpg

b0191026_2142146.jpg

名所旧跡を訪ねる旅を否定しませんが、その土地の人々には日常的な光景のなかに自分の身を置いたときのほうが旅に出ていることを実感します。
だから、身近な関東圏にも魅力的な場所がいっぱい。さあ、次回はどっちへ行こう。
by sucre-h | 2012-04-30 21:06 | どこか遠くへ | Comments(1)

新緑の房総へ(その6)

千葉から東京までの帰り道は、金谷・久里浜間のフェリーを使うことにしました。
乗船の前に、もう1カ所、金谷に近い鋸山に立ち寄りました。
b0191026_1851107.jpg

b0191026_20171143.jpg

b0191026_20184756.jpg

b0191026_20193672.jpg

b0191026_20201327.jpg

b0191026_20233948.jpg

ケーブルカーを使って山頂に来たのですが、そのあとの上り下りが、若ければ何ということもないはずなのに、きつかったです。鋸山は、まちがいなく山でした。
by sucre-h | 2012-04-29 20:23 | どこか遠くへ | Comments(0)

新緑の房総へ(その5)

今回の千葉小旅行に限らないことですが、現地のどこを訪ねるかはいつもかなりアバウトです。
そんななかで、出発前に行ってみようと決めていた唯一の場所が、ここ大山千枚田(鴨川市)です。
375枚といわれる棚田のうちの一部は、すでに田植えが済んでいました。
b0191026_17445055.jpg

b0191026_17451293.jpg

b0191026_1746595.jpg

b0191026_17464490.jpg

b0191026_17473329.jpg

b0191026_17475315.jpg

遠くの棚田で、小学生の一群が歓声を上げながら田植えを実習していました。
大山千枚田は、すり鉢状になっています。自分のからだを、やさしく包み込んでくれるようです。
by sucre-h | 2012-04-28 17:57 | どこか遠くへ | Comments(0)

新緑の房総へ(その4)

旅に出るといつも早起きをしてしまいます。
この日も、陽が上りきる前に海沿いの散歩に出ました。雨上がりの早朝の空気は、とても気持ちのよいものです。
b0191026_1829773.jpg

b0191026_18292540.jpg

b0191026_18294534.jpg

b0191026_183018.jpg

b0191026_183028100.jpg

↓外房黒潮ラインを挟んでホテルの向かいの市立中学校。瀟洒です。
b0191026_18311389.jpg

朝食時に確認したところ、昨夜の宿泊客はわたし1人だったそうです。贅沢をした気分です。
ちなみに、今回宿泊したプチホテルは、「ロハス」的な質実さを感じさせるなかなか居心地の良いところでした。再訪の価値あり、です。
by sucre-h | 2012-04-27 18:32 | どこか遠くへ | Comments(0)

新緑の房総へ(その3)

報告写真の順番が少し遡りますが、大多喜からは大多喜街道を南下し勝浦市に入りました。広くて無料の市営駐車場に車を停め、歩き出した先は今回の小旅行の目的地のひとつ、浜勝浦地区でした。
漁港に近い浜勝浦辺りには、何軒かの風格のある回船問屋の建物が残っています。
b0191026_1831870.jpg

b0191026_18312725.jpg

b0191026_18314597.jpg

b0191026_1832156.jpg

b0191026_18321776.jpg

b0191026_18325396.jpg

残念ながら雨のせいで、ゆっくり散策というわけにはいきませんでした。「こういう所には今日みたいな雨がいちばん似合うのさ」と呟いて自分を慰めました。
by sucre-h | 2012-04-26 18:43 | どこか遠くへ | Comments(0)

新緑の房総へ(その2)

降り続ける雨に負けて、早めに宿泊地に向かうことにしました。予約しておいた宿は安房天津のプチホテル。
それでも、部屋に荷物を置いてからホテル前の浜辺に出て、夕闇と雨に煙る海にレンズを向けました。
b0191026_19355189.jpg
b0191026_19351653.jpg

b0191026_19361077.jpg

b0191026_19362546.jpg

宿に戻ろうと歩きはじめたら、二匹の野良猫がわたしの前を駆け抜けて行きました。ところが、よく見たら後を追っている方の1匹は猫ではなく、ウサギ。しばらくウォッチした限りでは、この2匹は仲が良く、ウサギが猫を慕い、猫がウサギを庇護する関係に見えました。ヒトにいろいろな空想を働かさせてくれるほのぼのとした光景でした。
(そして、翌朝も連れ立って歩く2匹の姿を目にしました。きっと、寄り添って朝を迎えたのでしょう)
by sucre-h | 2012-04-25 19:38 | どこか遠くへ | Comments(0)

新緑の房総へ(その1)

小旅行から戻りました。今回の行き先は千葉県南部でした。車の走行距離は254kmほど(帰り道は金谷から久里浜までフェリーを利用)、645Dの撮影枚数は410枚でした。枚数だけはかなり撮ったので、例によって数回に分けてアップします。
まずは、アクアラインで千葉県内に入り、大多喜あたりまでの道中写真。天気予報どおりの雨でした。
b0191026_19562596.jpg

b0191026_19565323.jpg

b0191026_19571139.jpg

b0191026_19575936.jpg

b0191026_19583596.jpg

b0191026_19585397.jpg

雨の中、駐車場からとぼとぼと傘を差して大多喜城まで歩いたら、城内は本日休館(またも魔の月曜日)。それほど見たかったわけではないのに、入れないとなると無性に悔しくなるものです。
by sucre-h | 2012-04-24 20:00 | どこか遠くへ | Comments(1)

バーベキューをしよう

酒屋さんを営んでいる「ケンちゃん」の家の庭に、小学校卒業時の担任の先生と同級生男女13人が集合して、バーベキューを楽しみました。彼ら、彼女らとは半世紀に及ぶ付き合いです。
みんな、食べ盛りの小学生のように、たくさんいただきました。
b0191026_21344031.jpg

b0191026_21361759.jpg

b0191026_21345874.jpg

b0191026_21355625.jpg

「また来年」と約束を交わして、三々五々、降り出した雨の中をそれぞれの生活に戻っていきました。その雨も、きょうは、さほど冷たく感じませんでした。

さて、あすから1泊だけの小旅行に出てきます。その報告はたぶん火曜日の夜に。
by sucre-h | 2012-04-22 21:38 | et cetera | Comments(0)

続々・都電に乗って

都電に乗っての散策報告の最後は、西ヶ原4丁目を最寄り駅とする西ヶ原と駒込周辺です。
b0191026_20163475.jpg

b0191026_20165333.jpg

b0191026_20171336.jpg

b0191026_20173461.jpg

b0191026_20175240.jpg

b0191026_20181233.jpg

今回も、案の定、迷子状態になりましたが、自分は迷子になっているというそのこと自体が楽しい気分にさせてくれるものです。
次回は、もっと時間をかけて歩いてみたいと思います。迷子になることを楽しみに。
by sucre-h | 2012-04-21 20:19 | ちょっとお出かけ | Comments(1)

続・都電に乗って

三ノ輪周辺のスナップの続きです。都電荒川線での復路は、三ノ輪橋駅から隅田川とほぼ平行に西に進み、JRの王子駅付近を直角に左折します。途中、小台とか梶原といった初めて耳にする駅がありました。東京は23区だけでも広いです。
b0191026_1783854.jpg

b0191026_1795259.jpg

b0191026_171022100.jpg

b0191026_1711496.jpg

b0191026_1711281.jpg

b0191026_17114914.jpg

都電といえば、小学校3年まで高田馬場に住んでいたので、明治通りをゆっくりと走る花電車を覚えています。素朴な電飾だったのでしょうが、あのときのわたしにはTDLのエレクトリカルパレードよりも華やかに見えたものです。
by sucre-h | 2012-04-20 17:15 | ちょっとお出かけ | Comments(0)