<   2018年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

クロアチアの光(その11)

スプリットでのスナップの続きです。ガイドブックには「ローマ帝国が滅亡し、7世紀ごろにこの地に入ってきた異民族が宮殿の基礎部分の上に建物を増築して街を築いた」とあります。

b0191026_17020441.jpg
b0191026_17020885.jpg
b0191026_17021272.jpg
b0191026_17021612.jpg
b0191026_17022351.jpg
b0191026_17022978.jpg
b0191026_17023433.jpg
b0191026_17023990.jpg

ここにも、人々(や猫)の日々の暮らしがありました。



by sucre-h | 2018-05-31 17:06 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その10)

(現地5月12日。スプリット)

トロギールからスプリットに移動してきました。ここでは、世界遺産の古代ローマ皇帝の宮殿跡などを見て回りました。この宮殿の地下はゴミで埋まっていたおかげで保存状態がよかったとか。

b0191026_22215357.jpg
b0191026_22215814.jpg
b0191026_22221317.jpg
b0191026_22222669.jpg
b0191026_22223169.jpg
b0191026_22223855.jpg
b0191026_22221916.jpg
b0191026_22224549.jpg

スプリットに移動してきたのは夕刻16時30分くらいなのですが、ここクロアチアは20時近くなっても明るいので観光に余裕がありました。当地の写真は次回更新にも続きます。


by sucre-h | 2018-05-29 22:25 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その9)

(現地5月12日。トロギール)

旅程表では4日目。この日は宿泊ホテルでの朝食後すぐにバスに乗車して、オパティアから延々400kmほど移動。そして、城壁に囲まれたトロギールの島内外を巡ったのち、さらに当夜の宿泊地スプリットまで。大移動の一日でしたが、まずはトロギールでのスナップから。

b0191026_22225323.jpg
b0191026_22234542.jpg
b0191026_22235136.jpg
b0191026_22235539.jpg
b0191026_22240068.jpg
b0191026_22240409.jpg
b0191026_22240917.jpg
b0191026_22241578.jpg

ところで、今日、新製品同等への有償アップグレードのためにカメラ(PENTAX K-1)をリコーのサービスセンターに預けたところ、作業完了は6月末になるとのこと。なんと1カ月ほど写真を撮れない状態になってしまいました。なので、このクロアチア報告を隔日更新にして、拙ブログのネタ切れ防止を図ることにします。途中、もう飽きたと思われること必至ですが、何卒お付き合いのほどを!


by sucre-h | 2018-05-27 22:29 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その8)

ツアー3日目(観光2日目)の3番目の訪問地はロヴィニ。中世に岬に作られた旧市街は城壁に囲まれています。

b0191026_22035398.jpg
b0191026_22040171.jpg
b0191026_22040699.jpg
b0191026_22041123.jpg
b0191026_22041702.jpg
b0191026_22042477.jpg
b0191026_22043178.jpg
b0191026_22043525.jpg

丘の上には聖エウフェミア教会がそびえ立ち、美しい街の眺望をまとめ上げています。カメラのキヤノンのCFで写し出された眺めとガイドさんから聞かされて、ここがそうなのかと納得しました。


by sucre-h | 2018-05-26 22:09 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その7)

(現地5月11日。ポレッチ)

ポレッチ(ポレチュ)はローマ時代からの歴史のある街。エウフラシウス聖堂(5枚目)は世界遺産のひとつで、鐘楼からは旧市街を見渡せます。

b0191026_20004003.jpg
b0191026_20004636.jpg
b0191026_20004919.jpg
b0191026_20005590.jpg
b0191026_20005915.jpg
b0191026_20010422.jpg
b0191026_20011002.jpg

この日もいい天気。海外に出ると(滅多にないけれど)、私、天気だけでなく身も心も晴れ男になります。


by sucre-h | 2018-05-25 20:03 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その6)

(プーラ旧市街)

プーラ旧市街に暮らす人々(だろうと思います)。こういう人たちと行き交ってこそ実感する異国訪問の楽しさ。

b0191026_20434783.jpg
b0191026_20435316.jpg
b0191026_20435682.jpg
b0191026_20440260.jpg
b0191026_20440646.jpg
b0191026_20441093.jpg
b0191026_20441462.jpg
b0191026_20441955.jpg

こちらのカメラは眼に入らない様子。望遠系のレンズも、荷物になるのを厭わず持って行って良かったと思います。



by sucre-h | 2018-05-24 20:49 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その5)

(現地5月11日金曜日。オパティア~プーラ)

最初の宿泊地はオパティア(2連泊)。オパティアはクロアチア屈指のリゾート地とされています(1枚目)。朝食後、まずはプーラへ。円形劇場をはじめに旧市街を巡りました。

b0191026_21383068.jpg
b0191026_21373010.jpg
b0191026_21383916.jpg
b0191026_21384306.jpg
b0191026_21384997.jpg
b0191026_21385227.jpg
b0191026_21385662.jpg
b0191026_21390145.jpg

自分が育った場所とはまるで違うのに、穏やかな気持ちで歩けるのどうしてだろう。


by sucre-h | 2018-05-23 21:41 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その4)

(現地5月10日木曜日。ポストイナ鍾乳洞=スロベニア)

昼食後、ツアー専用バス(横3席でゆったり)でポストイナ鍾乳洞見学に。入退場口と洞内とは2kmほどトロッコ列車に乗って往復します。

b0191026_14531511.jpg
b0191026_14532004.jpg
b0191026_14532756.jpg
b0191026_14533018.jpg
b0191026_14533531.jpg
b0191026_14533858.jpg
b0191026_14534201.jpg

最後の写真はビジターセンターのアイスクリーム屋さん。明るく見えました。

この鍾乳洞はヨーロッパで最大、世界で3番目の規模だそうです。各国からの多くの観光客と列になって歩きましたが、広大すぎてその神秘さへの実感が湧かないくらいでした。


by sucre-h | 2018-05-22 14:55 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その3)

ブレッド湖に浮かぶ小島までは手漕ぎの小舟に分乗して渡りました。その漕ぎ手はこの湖を本拠とするボート選手達なのだそうです。

b0191026_21100982.jpg
b0191026_21101455.jpg
b0191026_21101982.jpg
b0191026_21102600.jpg
b0191026_21103131.jpg
b0191026_21103576.jpg
b0191026_21104264.jpg

教会の鐘楼からの眺望を楽しんだのち、三三五五、島内を一周しました。鳥たちのさえずりを聞きながら。再びボートで街に戻って、さあ昼食(って旅行報告はまだ初日の前半)。


by sucre-h | 2018-05-21 21:12 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その2)

(現地5月10日木曜日。ブレッド=スロベニア)

ブレッドは湖と島の教会と古城という組み合わせのリゾート地。故チトー・ユーゴスラビア大統領の別荘だったという建物も湖沿いにありました。

b0191026_20321131.jpg
b0191026_20322186.jpg
b0191026_20322545.jpg
b0191026_20323042.jpg
b0191026_20323619.jpg
b0191026_20324285.jpg
b0191026_20324859.jpg

絵葉書そのままの風景。日本人の眼にも素直に受け入れられる眺めでした。当地でのスナップはまだ続きます。


by sucre-h | 2018-05-20 20:37 | どこか遠くへ | Comments(0)