見ないでシャッターを

川崎のショッピングビルへ家族と。時折、歩きながら、ノーファインダーでシャッターを押しました。何の狙いももたず、いかなる偶然にも期待しないで、なんていうほど真摯なものではありませんが。
b0191026_23453616.jpg

b0191026_23473394.jpg

b0191026_23492390.jpg

b0191026_23502886.jpg

b0191026_23512926.jpg

b0191026_23524987.jpg

単に雑な写真になっただけだったけれど、こういうの、これからも時々やってみたいと思います。
# by sucre-h | 2010-12-25 23:58 | いつもの光景 | Comments(0)

よく食べる子たち

休日のきょう、コウセイ君たちが遊びにきてくれました。シュクレも食事のご相伴にあずかれます。
b0191026_23562427.jpg

b0191026_00521.jpg

b0191026_005448.jpg

シュクレは困るくらいよく食べるのですが、1歳のコウセイ君も全く負けていません。その食べる様は、見ていて気持ちがいいほどです。
# by sucre-h | 2010-12-23 23:52 | 2匹の愛犬 | Comments(0)

植物公園は冬支度

年間パスポートを購入した神代植物公園に義理を果たしに行ってきました。車で自宅から20分弱で到着します。
その佇まいは、冬に向かって、前回訪れた1ヵ月前から変化を見せていました。
b0191026_18595834.jpg

b0191026_1915780.jpg

b0191026_1904778.jpg

温室内の休憩所には新聞や本を読む年配者の姿が目立ちました。
b0191026_1941473.jpg

きょうの写真は地面と水面ばかり。うつむいて歩いていたわけではないのだけれど。
b0191026_195336.jpg

b0191026_20193286.jpg

帰りに正門を出たところのお茶屋さんで、年相応に(?)お汁粉をいただきました。次に来るのは雪景色のときがいいな、と思いながら。
# by sucre-h | 2010-12-22 19:15 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

カメラの力、レンズの力

きょうはシュクレとの散歩以外には家から出なかったので、カメラには触りませんでした。
かわりに、これまでに撮影した何枚かの写真の元画像(RAWデータ)をPC上で原寸再生してみました。
そのうちの1枚が、17日にアップしたサンシャイン展望台からの新宿高層ビル群の写真ですが、上空の飛行船の詳細が捉えられていました。

まずは、その写真の再アップ画像です。
b0191026_22232144.jpg

そして下の画像が、上の写真の飛行船部分を切り取ったものです。
b0191026_22252843.jpg

繋留用のロープ(?)まで写っているのが分かりますか?

ただし、描写性能が優れているということは、失敗写真は失敗したとおりに記録されるということです。ほかの写真の何枚かはブレていて、わたしの写真の腕前が未熟であることを証明していました。
# by sucre-h | 2010-12-21 22:41 | et cetera | Comments(0)

透き通った柿田川なのに

家内の用件が済むまでまだ数時間あるので、車で名川の誉れ高い柿田川を見に行くことにしました。きのうのことですが。
柿田川湧水公園は国道1号線に面して整備されています。
b0191026_22384038.jpg

b0191026_111331.jpg

b0191026_22395453.jpg

川底の砂地から豊かに湧き出る富士山に降った雨や雪。透明すぎて、わたしにはうまく写せません。
b0191026_22424657.jpg

b0191026_22441094.jpg

b0191026_22452322.jpg

ところで、個人的に(何の影響力も持ち合わせていないので)残念に感じたこと。水際などそこかしこの「この先入るべからず」を意味する立て札。それが、せっかくの景観を自ら壊し、来訪者の気分をちょっぴり押さえ付けていたこと。
清水町民、静岡県民、あるいは日本人の民度は、そんなに低いのかなあ? 性悪説的指導の姿勢を、こういう場所だからこそ、そろそろ改めたほうがいいのに。柿田川が、観光資源として以上に、飲料水などの生活用水として大切なものであることも知ったけれど、やはりそう思う。
# by sucre-h | 2010-12-20 22:48 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

沼津港まで一走り

家内に急用ができたため、東名高速で沼津までの運転手を務めました。到着後、わたしは沼津港あたりをひとりで散策。
b0191026_2135266.jpg

b0191026_2163260.jpg

b0191026_21155164.jpg

b0191026_21105140.jpg

b0191026_2112041.jpg

# by sucre-h | 2010-12-19 21:16 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

360°のサンシャイン展望台

池袋サンシャインシティの展望台に上りました。平日の昼前、360°の眺望をほぼ独り占めしました。
b0191026_17311013.jpg

b0191026_1732577.jpg

ほぼ真下を見下ろせるコーナーが何カ所かあります。
b0191026_1734139.jpg

b0191026_17355953.jpg

こうして見下ろしている家々やビルの中で、どれだけの人がどんな生活を送っているのだろう。
b0191026_17384125.jpg

b0191026_17394247.jpg

# by sucre-h | 2010-12-17 17:42 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

夕闇迫る上野のアメ横

所用が済んでから上野に出て、久しぶりにアメ横をひやかしました。
大晦日とは比べ物にならないのでしょうが、それでも世代と国境を超えた買い物客でにぎわっていました。
b0191026_22491397.jpg

b0191026_2250835.jpg

b0191026_22504728.jpg

b0191026_22522325.jpg

b0191026_22513141.jpg

b0191026_22531719.jpg

価格競争が熾烈になっている時代。アメ横が存在意義を保つキーワードは「昭和」かな、などと少しマジメなことを思いながら夕闇の中を帰路につきました。
# by sucre-h | 2010-12-15 22:55 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

奈良の鹿に会いに行く

奈良での1泊2日、歩いたのは奈良公園一帯だけでした。東大寺、興福寺、春日大社も回りましたが、広大な公園で鹿たちを眺めている時間が一番長かったかもしれません。
b0191026_23135257.jpg

b0191026_23143963.jpg

b0191026_23154052.jpg

b0191026_23163961.jpg

b0191026_23172082.jpg

地元の方々にはあたり前の風景なのでしょうが、訪問者には、野性の鹿たちとの1000年以上前からとされる共存が奇跡的なことのように思えてなりません。
b0191026_2318218.jpg

b0191026_23185493.jpg

b0191026_23194599.jpg

b0191026_23202756.jpg

修学旅行以来の奈良でしたが、その時と変わらぬ馴染みやすい土地でした。それも鹿たちのおかげでしょう。鹿たち、また会いに来るからな。
# by sucre-h | 2010-12-14 23:29 | どこか遠くへ | Comments(0)

神戸にサヨナラ

先週の小旅行の報告に戻ります。奈良に向かう予定時刻までの間、最後にメリケンパーク一帯を歩きました。

波止場には大地震の痕跡が保存されていました。
b0191026_20181195.jpg

b0191026_20184589.jpg

b0191026_20201558.jpg

展望台フリークとしてポートタワーには当然上りましたよ。
b0191026_2022061.jpg

b0191026_2024562.jpg

b0191026_20263268.jpg

今回の小旅行で最初に歩いた北野の異人館街方向です。
b0191026_2031249.jpg

そういえば、異人館街の坂道で出会ったあのノラは、今ごろどうしているだろう。
b0191026_20333640.jpg

# by sucre-h | 2010-12-13 20:36 | どこか遠くへ | Comments(0)