クロアチアの光(その16)

(現地5月14日。ドブロヴニクその4)

ツアー6日目のこの日は終日ドブロヴニクで過ごしました。まずは30人ほどが乗船できるボートで海上からの眺めを楽しみましたが、波が高くてスリルも満点でした。帰港後、一息ついてから、待望していた城壁上の周回をスタート。

b0191026_18363481.jpg
b0191026_18364560.jpg
b0191026_18365464.jpg
b0191026_18370330.jpg
b0191026_18371541.jpg
b0191026_18372683.jpg
b0191026_18380164.jpg
b0191026_18380779.jpg
b0191026_18381671.jpg

一方通行の城壁上を反時計回りに、スロープや階段を上り下りしながら1時間あまりかけて一周しました。スタート時に、最初が上り勾配の方があとが楽と、聖ルカ要塞あたりの城壁入り口までガイドさんが案内してくれました。これ、正解だったようです。


# by sucre-h | 2018-06-09 18:40 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その15)

(ドブロヴニクその3)

スルジ山からケーブルで下山し、プロチェ門をくぐって旧市街に。メインストリートのプラツァ通りからは何本もの細い路地が枝分かれしています。

b0191026_17521550.jpg
b0191026_17522018.jpg
b0191026_17522532.jpg
b0191026_17523455.jpg
b0191026_17523975.jpg
b0191026_17524590.jpg
b0191026_17525178.jpg
b0191026_17525670.jpg
b0191026_17530149.jpg

ここドブロヴニクでは2連泊したので、じっくりと街歩きを堪能しました。旧市街は城壁に囲まれているおかげで範囲が明快。歩き甲斐があります。


# by sucre-h | 2018-06-07 17:54 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

クロアチアの光(その14)

(ドブロヴニクその2)

いよいよ旧市街とアドリア海を一望できるスルジ山頂(標高412m)へ。絶好の空模様でした。写真は山頂への足となるケーブルカー乗り場付近での1枚から。

b0191026_10320009.jpg
b0191026_10320724.jpg

カメラのズームを少し引くと、城壁の高さがわかります。

b0191026_10321139.jpg
b0191026_10321533.jpg
b0191026_10321995.jpg
b0191026_10322484.jpg
b0191026_10322753.jpg
b0191026_10323157.jpg

徒歩下山の選択も考えたのですが、街の中をゆっくり歩く時間を確保するために下りケーブルカーに乗車。街歩きが始まります(ということで、ドブロヴニクでの写真はあと数回続きます)。


# by sucre-h | 2018-06-05 10:35 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その13)

(現地5月13日。ドブロヴニクその1)

今回のツアーのメイン目的地であるドブロクニクに到着しました。オレンジ色の屋根が連なる光景は、クロアチア観光のシンボル。俯瞰は後の楽しみにして、まずはプラツァ通りから旧港方向へと歩を進めました。

b0191026_15503921.jpg
b0191026_15504873.jpg
b0191026_15505697.jpg
b0191026_15510655.jpg
b0191026_15511638.jpg
b0191026_15512594.jpg
b0191026_15513763.jpg
b0191026_15514892.jpg
b0191026_15515986.jpg

ドブロヴニクではいっぱい写真を撮ったので、当地の報告はまだまだ続きます。


# by sucre-h | 2018-06-03 15:54 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その12)

(現地5月13日。バスの車窓から)

旅の半ばの日曜日。この日は朝食後すぐに、今回のメイン目的地のひとつであるドブロヴニクを目指してホテルを出発しました。写真がなんとなく青っぽいのは走行中のバスのガラス越しのせいです。最後の写真の斜面右上のレストハウスでは、250kmほどの移動の休憩時間が取られました。

b0191026_22151652.jpg
b0191026_22152131.jpg
b0191026_22152626.jpg
b0191026_22153171.jpg
b0191026_22153521.jpg
b0191026_22154025.jpg
b0191026_22154469.jpg
b0191026_22154829.jpg

クロアチアの印象のひとつは、緑の豊かな国だということ。そして、郊外の眺めはどことなく日本の風情と通じるようにも見えました。


# by sucre-h | 2018-06-01 22:18 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その11)

スプリットでのスナップの続きです。ガイドブックには「ローマ帝国が滅亡し、7世紀ごろにこの地に入ってきた異民族が宮殿の基礎部分の上に建物を増築して街を築いた」とあります。

b0191026_17020441.jpg
b0191026_17020885.jpg
b0191026_17021272.jpg
b0191026_17021612.jpg
b0191026_17022351.jpg
b0191026_17022978.jpg
b0191026_17023433.jpg
b0191026_17023990.jpg

ここにも、人々(や猫)の日々の暮らしがありました。



# by sucre-h | 2018-05-31 17:06 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その10)

(現地5月12日。スプリット)

トロギールからスプリットに移動してきました。ここでは、世界遺産の古代ローマ皇帝の宮殿跡などを見て回りました。この宮殿の地下はゴミで埋まっていたおかげで保存状態がよかったとか。

b0191026_22215357.jpg
b0191026_22215814.jpg
b0191026_22221317.jpg
b0191026_22222669.jpg
b0191026_22223169.jpg
b0191026_22223855.jpg
b0191026_22221916.jpg
b0191026_22224549.jpg

スプリットに移動してきたのは夕刻16時30分くらいなのですが、ここクロアチアは20時近くなっても明るいので観光に余裕がありました。当地の写真は次回更新にも続きます。


# by sucre-h | 2018-05-29 22:25 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その9)

(現地5月12日。トロギール)

旅程表では4日目。この日は宿泊ホテルでの朝食後すぐにバスに乗車して、オパティアから延々400kmほど移動。そして、城壁に囲まれたトロギールの島内外を巡ったのち、さらに当夜の宿泊地スプリットまで。大移動の一日でしたが、まずはトロギールでのスナップから。

b0191026_22225323.jpg
b0191026_22234542.jpg
b0191026_22235136.jpg
b0191026_22235539.jpg
b0191026_22240068.jpg
b0191026_22240409.jpg
b0191026_22240917.jpg
b0191026_22241578.jpg

ところで、今日、新製品同等への有償アップグレードのためにカメラ(PENTAX K-1)をリコーのサービスセンターに預けたところ、作業完了は6月末になるとのこと。なんと1カ月ほど写真を撮れない状態になってしまいました。なので、このクロアチア報告を隔日更新にして、拙ブログのネタ切れ防止を図ることにします。途中、もう飽きたと思われること必至ですが、何卒お付き合いのほどを!


# by sucre-h | 2018-05-27 22:29 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その8)

ツアー3日目(観光2日目)の3番目の訪問地はロヴィニ。中世に岬に作られた旧市街は城壁に囲まれています。

b0191026_22035398.jpg
b0191026_22040171.jpg
b0191026_22040699.jpg
b0191026_22041123.jpg
b0191026_22041702.jpg
b0191026_22042477.jpg
b0191026_22043178.jpg
b0191026_22043525.jpg

丘の上には聖エウフェミア教会がそびえ立ち、美しい街の眺望をまとめ上げています。カメラのキヤノンのCFで写し出された眺めとガイドさんから聞かされて、ここがそうなのかと納得しました。


# by sucre-h | 2018-05-26 22:09 | どこか遠くへ | Comments(0)

クロアチアの光(その7)

(現地5月11日。ポレッチ)

ポレッチ(ポレチュ)はローマ時代からの歴史のある街。エウフラシウス聖堂(5枚目)は世界遺産のひとつで、鐘楼からは旧市街を見渡せます。

b0191026_20004003.jpg
b0191026_20004636.jpg
b0191026_20004919.jpg
b0191026_20005590.jpg
b0191026_20005915.jpg
b0191026_20010422.jpg
b0191026_20011002.jpg

この日もいい天気。海外に出ると(滅多にないけれど)、私、天気だけでなく身も心も晴れ男になります。


# by sucre-h | 2018-05-25 20:03 | どこか遠くへ | Comments(0)